必見!不動産売却の際に必要な仲介手数料のガイドブック

今すぐ不動産を売却 公式サイトへ行く

不動産の売却を不動産会社に依頼して成約に至った場合は仲介手数料を支払います。

支払う金額は成約した物件の売却価格を元に計算するので高額な物件な場合は比例して支払う金額は大きくなります。

仲介手数料の計算式は「売却価格×3%+6万円+消費税」と計算されます。

仮に売却する不動産が3000万円で売却できた場合の仲介手数料は103万6千8百円になります。

注意したいのは売却に至った場合のみ支払う義務が発生する点です。

つまり成功報酬なので物件が売れ残るのなら一円も支払う必要が無いともいえます。

また仲介手数料を支払うタイミングは成約が決まった時(売買契約締結時)に一括で支払う場合と、契約時には半分を支払い物件の引渡しの際に残りを支払う場合があります。

支払うタイミングは不動産会社によって違うので事前に確認しておくと良いでしょう。

仲介手数料以外にかかる費用として、不動産会社に直接依頼した場合に発生することもあります。

例えば通常の営業活動では行わない広告(月極めの貸広告など)や購入希望者が遠方に住んでいて、その出張旅費などがあります。

不動産の売却は高額なお金が動きます。

高額な仲介手数料を支払うので、不動産会社に要望などがあったら遠慮せずに主張しましょう。

支払う分のサービスを受ける権利が売主にはあるのです。

不動産の売却には一括査定サービスがおすすめ?!その理由とは?

不動産を売却したい時、大切なのは自分の家が一体いくら位で売ることが出来るのか、相場を知っておくことでしょう。

不動産に関する特別な知識を持ち合わせていなくても、相場を知るにはいろいろな方法があるはずです。

日頃からポストに入っている不動産のチラシを見たり、不動産会社のホームページなどで自分の家に似たタイプの家がいくらで販売されているのか金額をチェックしたりといったこともその方法です。

他にも、インターネットでの不動産の一括査定サービスというものもあります。

不動産売却といえば不動産会社にお願いするもの、と思っている方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、この一括査定を利用することは、相場を知ることの助けにもなるでしょう。

何社かの不動産会社に同時に査定をお願い出来る訳ですから、それぞれからの回答を基に自分の家の適正な金額を知ることが可能になるのです。

実際に不動産を売却する時には、何れかの不動産会社にお願いするのが一般的ですが、その場合にも、自分の家の適正な金額を知っていれば、自信を持って不動産会社とやり取りすることが出来ます。

仮に、適正な金額の提示がなかった場合には、他の不動産会社にかえるということも迷わず出来るでしょう。

不動産の売却には大きなお金が動きます。

後で後悔しないためにも、納得出来る金額で売却できるといいですね。

一般市民が不動産を売却するときは「安心」「安全」が一番!

一般の個人の方が不動産を売却するというのは一生に一度あるかないかのことです。

そもそも個人の方が自分の物を売るということ自体、中古ショップやオークションサイト、フリーマーケットに参加するなど非常に限られた話ですので、そう何度もある話ではありません。

そして不動産というのは桁が違いますし、その大きさや中身もその他動産とはわけが違います。

(不動産以外の物は動産と呼ばれます。


自分の家や土地が一体いくらで売れるのか、また何もわからない一般人でも安心安全な取引ができるのか、常に不安の種が尽きないと思います。

(不動産というのは勉強すればするほどその価値が分かるのですが、勉強していない人は右も左もわからないという状況に陥ります。


実際に素人の無知に付け込む会社がありますから、一体どこに不動産の売却を依頼すればよいのだろうか、ということになります。

イエウールというサイトでは、1300以上の不動産会社が登録されていますので、査定をした様々な会社を比較することができます。

最近の高齢化社会で高齢者の不動産が狙われているとよくニュースになっていますし、相続税対策という名目でアパート建設を勧めてくる会社も多いです。

本当に信頼できる会社を見つけることが何より重要なのですが、その手助けとしてイエウールや司法書士がいます。

司法書士は財産管理業務が付与されていますので、依頼者のための相続、そして不動産を売却するときはイエウールで見つけた仲介業者と交渉してくれます。

このように、司法書士やイエウールを活用することで一般市民の方でも安心安全、市民のための高額不動産取引をすることができます。

コメントは受け付けていません。